加齢黄斑変性症とは?見え方の異変に気づいたら病気のサインかも?

サン・クロレラ目神
ivanovgood / Pixabay

加齢黄斑変性とは、モノを見るときに重要なはたらきをする黄斑という組織が、

加齢とともにダメージを受けて変化し、視力の低下を引き起こす病気のことです。

私たちはモノを見るときに、目の中に入ってきた光を網膜という組織で刺激として受け取り、

その信号を脳に送るために視神経に伝達します。

かすむ、見えにくい…見え方の異常は目の病気のサイン!

 


加齢黄斑変性は、年齢による変化や光障害、喫煙や食事、遺伝的素因などにより網膜の
中心部の黄斑といわれる部分が障害されて、見え方が悪くなる病気です。

日本における有病率は50歳以上の人口の約1.3%(日本の全人口で約70万人)といわれており、
年々増加する傾向にあります。

スポンサーリンク

40歳前後は老眼の始まり

老眼、眼精疲労、ドライアイ、緑内障など、40歳前後からは目にご注意!

目がかすむ、ないはずの浮遊物が見える、視野が欠けるなど「見え方がおかしいな」と
感じたら目の病気のサインかもしれません。

40歳前後は老眼が始まり、ドライアイのリスクも高まる時期。

 

「見え方の異変」に、どんな不調や病気が隠れているのでしょうか?

 

加齢に伴い、見え方に異変が起きやすくなり、ただの疲れ目だと思っていた
かすみ目に、白内障や緑内障が隠れていることも・・・

 

遠視の人は早めの老眼に注意!

これまで視力に問題がなかった人でも、40歳前後からは注意が必要!

若い頃は、2.0と遠視だった私も30代後半から手許の文字がぼやけて見えにくくなりました。

近くが見えにくくなる老眼は、ピント調節機能の衰えが原因。
誰にでも起きるが、特に遠視では早く老眼になりやすい。
もともと遠くも近くも見えにくいのが遠視。
ピント調節機能の衰えという負荷が加わることで、一層近くが見えづらくなる

と言われています。

強度近視の人は目の病気になりやすい

一方、視力0.1以下の強度近視の人は、

もともと目が弱い傾向にあり、白内障や緑内障を起こしやすい。
さらに網膜剥離(もうまくはくり)のリスクも高い。
近視の場合、眼球の奥行が長く、卵のような形をしているため
網膜が引き伸ばされて薄くなる。
その部分に穴が開きやすいうえ、血液循環が悪くなりがちなことも影響する。

ピント調節 疲労感の軽減

人の目は遠くを見るのが自然なようにできており、近くを見るときは
毛様体筋がぎゅっと縮んで水晶体を厚くし、ピント調節をする。

近くを見ることが多い現代生活では、いつも毛様体筋が緊張しているので目が疲れやすい。

昨今はデジタル機器の操作が原因のドライアイや眼精疲労も急増しているのです。

 

放置すると、頭痛や肩こりといった全身症状が出たり、目に違和感があることで
QOLが下がるのも問題だそうです。

QOLとは何?(クオリティ オブ ライフ)

OL=Quality of life(クオリティ オブ ライフ)とは、
「生活の質」「生命の質」などと訳され、身体的な苦痛の軽減、精神的、
社会的活動を含めた総合的な活力、生きがい、満足度という意味が含まれます。

 

見え方がおかしいと感じたら一度眼科でチェックが病気の早期発見にも
つながると言われています。

そんな時に出会ったのが

サンクロレラ アスタキサンチン目神はピント調節 疲労感の軽減

いつまでも健康でありたい目神の4つのチカラでした。

いまでは日々欠かさず飲んでいます。

あれほど気になっていた飛蚊症も気にならなくなりました。

サンクロレラ アスタキサンチン目神は今では手放せない!

タイトルとURLをコピーしました