エゾウコギの効能がなぜ幻の薬用植物と言われる理由と効果とは?

エゾウコギ

生薬のひとつでもあるエゾウコギは、昨今、中高年層の方や女性の方々から
注目を浴びている薬用植物の一種です。

体にいい成分がたくさん詰まったエゾウコギは、オタネニンジン(朝鮮人参)や
ウドと同じウコギ科ですが、その中でもウコギ属に分類されます。

エゾウコギは根・茎・枝や葉に成分が多く含まれ、さまざまな健康補助食品に用いられています。

目の悩み、加齢だけが原因ではない?「目神」のチカラ

スポンサーリンク

エゾウコギとはそもそも何?

エゾウコギ

1960年に旧ソ連アカデミーのブレフマン博士によって発見され、日本では・・・
1973年頃に北海道の北見・帯広など東部に生育していることが認められました。

 

抗酸化作用があるポリフェノール化合物を多く含み、さまざまな効果が期待されている他、
免疫力を高めるといわれているンドβ-エルフィンの分泌を促す有効成分・イソフラキシジンを
たっぷり含んでいます。

β-エルフィンって?

脳下垂体から副腎皮質ホルモンとともに血液中に放出され、苦痛を軽減したり
多幸感を与えたりするストレス抵抗作用を持つと言われています。

マラソンやウェイトトレーニングなどによって分泌され、旨味のある物を口にしたとき、
アナンダマイドと共に放出され、持続したおいしさ、陶酔感、満足感などが生じると言われ、
β-エンドルフィンが心身の苦痛やストレスを和らげると考えられています。

多くのスポーツ選手や宇宙飛行士も愛用しています。

女性には嬉しい作用効果とは?

エゾウコギにはピノレジノール・ジグルコサイドという成分が含まれており、
体内で女性ホルモン様作用をもつエンテロラクトンに変わるとされています。

年齢が上がるにつれてどんどん減っていく女性ホルモン。

そんな女性ホルモンを補うと期待されて、更年期障害や骨粗しょう症の予防、
男性の前立腺がんの予防にも期待されています。

エゾウコギは幻の薬用植物と言われる理由は?

エゾウコギは「幻の薬用植物」とも呼ばれ、ロシア、中国、日本(北海道)の三カ国のみに
自生する希少価値の高い植物です。

寒暖差60℃以上にもなる寒冷地のみに自生しています。

そんな厳しく過酷な環境下で育っているエゾウコギには、
環境適応力と恒常性維持機能へ大きな期待がされているのです。

ロシア、中国では2000年ほど前から、滋養強壮の生薬として重宝されてきました。

目の悩み、加齢だけが原因ではない?「目神」のチカラ

抗ストレス作用、身体の代謝と持久力、免疫力、記憶力、更年期障害、各障害の予防、
血管弛緩作用、メタボリックシンドローム抑止 など・・・・

その希少価値の高さは折り紙つき!

日本では江戸時代に栽培を奨励

日本では江戸時代、米沢藩・上杉鷹山氏が各民家でエゾウコギの栽培を奨励したと
言われています。

自然災害の多い日本ならではの考え方で、天変地異や天候不順による農作物の収穫が減少、
食糧が不足した際に、劣悪な環境下でも育ち、栄養価の高いエゾウコギの新芽や根、
葉を食材とすることで飢饉を乗り越えるためだったとか・・・

実際にエゾウコギを食用として、飢饉を乗り切った事例もあるようです。

まとめ

サン・クロレラ目神

エゾウコギに含まれる有用成分が「エレウテロサイド」と呼ばれる配糖体です。

 

特にエレウテロサイドB1前駆体と考えられる特有の成分「イソフラキシジン」は、
現代社会に生きる現代人のリフレッシュ対策として、世界でも注目されています。

 

この他にも現代人に不足しがちな食物繊維、カルシウム、またポリフェノールの一種
クロロゲン酸などの有用成分を含んでいます。

食べ物だけでは補えない特有の成分は、自然界の中で活きる植物には備わっているのですね。

日々の暮らしに、自然界の有用な成分を補いながら元気に暮らしてゆきたいですね。

目の悩み、加齢だけが原因ではない?「目神」のチカラ

コメント

  1. […] 目神の4つのチカラの幻の薬用植物エゾウコギは独自に飲みたい成分です。 […]

タイトルとURLをコピーしました